忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生命保険無料相談というサービスは、最近話題の、保険の加入や見直しの際に無料相談で担当のファイナンシャルプランナーという保険のプロ、金融全般のスペシャリストに あなたのライフプランに一番あった、無理のない最適な保険を選んでくれるというものです。 生命保険無料相談を担当するファイナンシャルプランナー、FPは各社の保険会社から独立しているから、公正な目線で、一番お得となる保険を選んでくれるところが 大きなポイントになります。 さて、この生命保険無料相談のコツのようなものはなにかあるのでしょうか。 まず、加入や見直しの生命保険無料相談をする際は、人生の節目節目、大きな出来事があったときにするのがよいとされています。 就職、結婚、子供が生まれる、子供が独立する、退職をする・・・なんてときにはあなたのライフプランが変わる可能性が出てきますよね? そんなときに見直しのための生命保険無料相談サービスを利用すると、お得な保険が選べると思います。 もしあまりわからないという人は保険相談が無料!【賢い保険相談.com】みたいなサービスを利用して全てプロに任せるというのもアリはアリですね! あと、この生命保険無料相談サービスでは、保険に加入した後でもアフターケアであなたのお話を聞いてくれるところが多いので、 保険についてわからないことがあればなんでも担当の人に聞いてみましょう。
PR
ファイナンシャルプランナーがやたら仲良しになろうとしてきます。私、昔保険の外交員と仲良くなったことがあったんですが、事あるごとに何か用事をこじつけて「営業所に遊びに来てよ~」と誘われたものです。当時はたまたま私も保険の見直しを考えていたので、何回か足を運び話を聞いて結局契約には至らず、その後の夫が転職するかもしれないから給料がどうなるかわからないと告げて契約することはないとはっきり言ったんですが、ちょこちょこ遊びにきてとのお誘いが。結構そういうの嫌いな人多いですよね。勧誘されるんじゃないのかって身構えちゃうし。私は普通に断れる質なので困りませんでしたが。しかし今度はファイナンシャルプランナーがやたら仲良しになろうとしてくるんでよねー。「LINEやってる?」「Facebookやってる?」あの手この手でどうもこちらとつながろうとしてくるんです。。 なんでこうも保険業界の人たちは仲良しになりたがるのか私なりに考えて見ました。まずは単純に顧客が欲しいからですよね。きっと。保険を契約してくれれば契約者の担当者にも手数料が入るわけです。あとは保険会社ってノルマがあるからそのノルマを達成するためにってことでしょう。このノルマって厄介ですよね。保険外交員の黒い噂ってノルマのせいかもしれません。あとは、例えば私が保険を契約しなくても私の友達で保険を検討している人がいれば紹介してくれる可能性もあるからかもしれないですね。とにかく声をかけられるだけかけないといけないということなんでしょう。私には向かない仕事だなー。と少し同情してしまいます。
保険に関して、「無料」という言葉が出てくると、なんだかうさん臭く感じてしまいますよね。 無料っていうけど、本当はどこまで無料なの?なんて、妙に疑り深くなってしまったりするものです。 そんな保険に関する「無料」という言葉、よく使われるのは、相談に関してですね。 「無料保険相談」、「相談料は無料!」なんて宣伝文句をよく耳にしますよね。 確かに、多くの保険会社や、保険の診断を行っているような会社は、相談に関しては無料で行っていることがほとんどです。 これは、「相談」という名前でありながら、実はこれがちょっとした営業でもあるからですね。 いわば、顧客が店舗で買い物をする際に、まだカゴに入れてレジに並ぶ前の段階の、商品を手に取って選んでいるところです。 そこでお金を取るのは、ちょっと納得いかないですよね。 だから、相談に関しては無料が当然と考えても良いでしょう。 ただし、この相談が良い保険選びに結びつき、保険を契約した場合にはお金はもちろん発生します。 それから、保険に関して「無料」という言葉が出てくるもう1つの場面に、「病気や事故に遭った場合の以降の保険料は無料」「60歳以上は保険料無料」というものがありますよね。 病気や事故に遭って、仕事を継続することが難しくなり、保険料を支払っていくことが難しくなった場合や、早くに必要な保険料を支払ってしまった場合に、それ以降の保険料が無料になるというものです。 このような場合に保険料が無料になるプランの保険商品はいくつかありますが、全ての保険がそういった性格を持っているものではありません。 保険料が無料になるのがどのような場合なのか、という点も、保険に加入する際にしっかりチェックする必要のある事項ですね!
子供が生まれて保険の見直しをしようと思い、FPの方に我が家に来てもらうことにしました。 まだ、生まれたばかりなので外に出るわけにもいかず。 それに、産後なのであまり動きたくないというのもあって、色々と無料保険を見ていたら自宅訪問をしてくれるということで。 FPを迎えた我が家は、なんか久々の訪問者にすごく話が盛り上がったんです。 特に、うちの長男と気が合うみたいで、色々と話をしていました。 肝心の保険なんですけど、今加入をしているものよりも充実した保障にさせて、料金はそのまま!そんな保険があって切り替えをすることにしました。 子供が生まれたこともあって、少しでも充実した保障がいいなと思っていたので願ったりかなったりの保険です。 結構保険の内容を充実させてしまうと、料金が高くなってしまったりするけど、さずがファイナンシャルプランナーさんは、ライフスタイルにあった保険を選んでくれます。 収入とか出費などからでも算出をしてくれるので、私が毎日記入をしている家計簿よりは全然ましです。 保険は凄く難しい仕組みになっていると最初からあまり自分で調べるのも嫌だなと思っていたけど実際に自宅に話に来てもらって、保険の仕組みを簡単に理解することができるようになりました。 これから子供が大きくなってくるので、また色々と相談をいしていこうかなと思っています。 相談をするのとか、自宅に来てもらうのは無料なので、これほど嬉しいことはないですよね。
ファイナルプランナーとは、略してFPと良く呼ばれていますよね。 一昔前までは、FPと聞いても何の事かな? なんて思っていましたが、近年においては誰が聞いてもすぐにわかる身近な職種ともなりましたよね。 そして、FPがより身近な存在となった理由の1つとして、私たちの個人の家計についてアドバイスを行ってくれるようになったからではないでしょうか。 自分の家の家計。 それは、自分たちでしか抱える事の出来なかった問題だったかと思います。 どんなに仲が良い方がいたとしても、自分自身の家計状況を相談する事なんて出来ませんよね。 そんな時に、救世主のように登場をしてきてくれたのがFPの存在なのです。 今や、FPの方の需要はうなぎのぼりで、それに伴いFP試験を受ける方の人数も増加の一途を辿っていっています。 職業としてFPの試験に挑戦をする方はもちろんなのですが、家にいらっしゃる主婦の方も家計の勉強も兼ねて試験を受ける方も多く存在をしているのです。 家計のプロフェッショナル、憧れる響きでもあります。 そんなFPの資格取得を目指す方にとって大切な試験。 2013年の予定は、2級、3級の実技学科が5月26日日曜日。 そして、1級学科、2級、3級の実技学科が9月8日日曜日となります。 1級の実技に関しては、6月上旬から中旬です。 2級、3級を目指す方では、1年に2回のチャンスがありますが、1級の方においては1年に1回にチャンス。 ぜひとも頑張って頂きたいと思います。
HOME  → NEXT